引越し料金のモデルと割増料金

引越し料金のモデルと割増料金

Pick Up! 引越し料金は、ネットで見積もりすると安くなります。

引越し料金は、その条件によってかなりの幅が出てくるものです。例えば、以下のような条件の場合、単身の場合とファミリーの場合とで全体の料金に非常に大きな差が生じてきます。

条件
○1〜3名の作業員で、作業時間は約8時間以内
○ダンボール箱10〜20枚をセット
○大物類の荷造り、荷解きおよび搬出、搬入は引越し業者が行う

このような条件で単身&距離が100km程度、1階の1K〜1DKの場合は、以下のような内容になります。

料金:50,000〜60,000円
トラック:2トン車1台
作業人数:運転手1名、作業補助1〜2名


一方、家族&距離が100km程度、1階の2DK〜3DKの場合は以下のような内容になります。

料金:100,000円〜120,000円
トラック:4トン車1台
作業人数:運転手1名、作業補助2〜3名


家族と単身とでは、準備するトラックの大きさと作業補助者の人数が異なります。このため、料金にも大きな開きが出てしまうのですね。

また、引越し日が土日や深夜、冬季の場合、割増料金がかかるのので注意しましょう。割増料金も、基本運賃と同様に基準値の上下限10%の幅が認められていますので、引越し業者によって料金が変わってきます。


割増料金の例

深夜早朝割増:22:00〜翌5:00の間に運送した場合、基準運賃の30%増

休日割増:日曜、祝祭日に運送した場合、基準運賃の20%増

冬季割引

北海道
⇒ 11月16日〜4月15日の間に運送した場合、基準運賃の20%増

青森県、秋田県、山形県、新潟県、長野県、富山県、石川県、福井県、鳥取県、島根県、岩手県の一部、福島県の一部、岐阜県の一部
⇒ 12月1日〜3月31日の間に運送した場合、基準運賃の20%増


 

引越し見積もりの注意事項 TOPページに戻る

スポンサードリンク