粗大ゴミの収集を依頼する

粗大ゴミの収集を依頼する

新居の下見を行って家具のレイアウトを検討すると、不要なものが見えてきます。引越しは不要なものを処分する絶好のチャンスでもあるので、使わないものや要らないものは、この際に思い切って処分してしまいましょう。

実際に処分するとき、小物ならいつでも捨てることは可能ですが、タンスや机、ベッドなどの大物は粗大ゴミの扱いになるため、普通ゴミの収集日にゴミ集積場に出しても、清掃車は持っていってくれません。市区町村の担当窓口に申し込んで、取りに来てもらう必要があります。

粗大ゴミの回収は、各自治体によって、月1回とか月2回とか決まっています。捨てるものが決まったら、早めに収集日を確認して申し込むようにしましょう。

回収は基本的に有料なので、申し込みのときには料金や支払い方法についても確認します。東京23区などでは、事前に所定の料金分の粗大ゴミ処理券をコンビニやスーパーなどで購入し、それを廃棄する粗大ゴミに貼って出すことになります。

また、普通ゴミで出せないものは何でも粗大ゴミとして回収してもらえるのかというと、そうではありません。テレビやエアコン、パソコンなどは、それぞれ別の処理が必要になります。

テレビ(ブラウン管)、エアコン、冷蔵庫、洗濯機の場合

買い替えたり、不要になって処分する場合は、買った店に処分を依頼します。もし、買った店が遠隔地にあったり、不明である場合は、各市区町村の担当窓口へ処分を依頼します。もう1つの方法としては、各メーカーの指定引取場所まで持っていきます。

パソコンの場合

パソコンを処分するには、メーカーに回収を申し込み、指定場所へ郵便局を通して送ります。発送は郵便局に直接持ち込むか、自宅戸口での回収を郵便局に依頼します。

適正な処理が困難な物の場合

自動車、バイク、ピアノ、消火器、耐火金庫、バッテリー、タイヤなどは各市町村での適正な廃棄処理が困難なため、販売店に処分を依頼するか、販売店が不明の場合は、各市区町村の窓口に相談し、適正な処理業者を紹介してもらいましょう。



 

引越し見積もりの注意事項 TOPページに戻る

スポンサードリンク