新居は事前にチェック

新居は事前にチェックしよう

新居に住み始めてしばらく経過してから「壁紙が一部剥がれていた・・。」などと、新居の不具合に気付いてしまう場合があると思います。

この部屋の不備を管理会社や大家さんに相談しても「あなたが住み始めてからそうなったのでは?」と冷たく対応されてしまうケースも、実はあります。

このようなトラブルを防ぐために必要不可欠なことが、新居の事前チェックです。購入か賃貸か、新築物件か中古物件か、または一戸建てか集合住宅かなどによってチェックのポイントやその範囲は異なりますが、できるだけ細かくチェックしておくのに越したことはありません。

気になる部分は決してそのままにせずに、契約に基づいて貸主や管理会社に確認しましょう。もし後々責任問題が生じる恐れがあったり、言った言わないなどのトラブルが予想される場合は、デジタルカメラで記録したり、文書を交わすなどして、客観的な資料や文書にして残しておくことが大切です。

新築購入の場合は、一戸建ても集合住宅の場合も、これらのような問題があれば単純に欠陥ということになるので、完全な状態にして引き渡してもらう権利があります。

しかしながら中古購入の賃貸で「現状渡し」が条件ならば、その状態での価格および賃貸料になります。しっかりチェックすることは、場合によっては価格・賃貸料の値下げ交渉の裏づけになるものです。

注意しなければならないのが、集合住宅の専有部分にある設備に関わる責任の所在です。たとえば浴室の配管の結合部分が緩んで、下の階が水浸しになったとします。当然のことながら修理費用が必要になるわけですが、賃貸なら、故意や重大な過失でもしない限り、金銭的な負担は生じません。

しかし、所有物件の場合は、新築なら明らかな瑕疵でもない限り、所有者の責任になります。現状渡しで購入した中古物件の場合は、売主が明らかな劣化を隠して販売したということが証明されない限り、経年変化による水漏れは現所有者の責任になるので十分な注意が必要です。

また、荷物を運び入れる前には掃除が必要です。たとえばプロの手によって掃除が済まされていたとしても、住む人の目線で見ると、いろいろと気になるところが見つかるものです。荷物の搬入前には、自分目線で一度キレイにお掃除するようにしたいですね。



 

引越し見積もりの注意事項 TOPページに戻る

スポンサードリンク