荷物別の梱包テクニック

荷物別の梱包テクニック

引越しにおいて一番大変なのは、荷物の梱包と運搬です。特に梱包は安全に荷物を運ぶためには必要不可欠なものですね。引越し業者に全部任せてしまう方法もありますが、これは引越し料金が大幅にかさんでしまいます。少しでも引越し料金を安くあげるためには、荷造りは絶対に自分でやった方が良いですね。

といっても荷造りは見についたものから何でもかんでもどんどんダンボールに詰めれば良いというおのではありません。大事なものを傷つけないように、壊さないように梱包するやり方がちゃんと存在します。

 

スポンサードリンク

荷物別の梱包テクニックエントリー一覧

電化製品〜荷物別の梱包テクニック〜

電化製品を梱包するときは、買った時のケースが残っていれば、そのケースに入れるのが基本です。もしケースが残っていないときは、以下のポイントを留意しましょう。1.小物は自分で箱詰めする炊飯器やポット程度の小物の電化製品は、ダンボールに入れて、隙間には緩衝材やタオルなどを入れて固定しましょう。そして上に重...

続きを読む

衣類〜荷物別の梱包テクニック〜

衣類に梱包は他の荷物と比べれば、比較的楽な方だと言えるでしょう。シワが気にならないモノはほとんどダンボール箱に重ねて入れてしまいましょう。衣類はそれほど重くないので、大の箱に入れても大丈夫です。また、シワになったら困るようなものは、丁寧に重ねて入れます。ハンガーにかかっていたモノはそのまま箱詰めした...

続きを読む

家具類〜荷物別の梱包テクニック〜

引越しの荷造りの中でも、最も困難なのが「家具類」ですね。洋服ダンスなどは身長よりも背が高く、荷造りが大変です。このため業者に頼んで引越しする場合は、引き出しの中身を空ににしておくなど、分解できるものはバラしておくようにしましょう。引き出しの中身ごとにダンボールに分けて詰めると、引越し先でしまうときに...

続きを読む

食器類〜荷物別の梱包テクニック〜

食器などのワレモノは、直に触れて割れないように一つずつ新聞紙などでくるむのが鉄則です。ダンボール箱に詰めるときは、底に新聞紙を熱く敷いてクッションを作り、重い物から順に、茶碗やカップは伏せて、皿類は縦にして入れます。隙間には動かないように丸めた新聞紙やタオルなどを詰め込んでいきます。予算的に許すのな...

続きを読む

ふとん類〜荷物別の梱包テクニック〜

ふとんや毛布などは、軽い順番に畳んで積み重ねていきます。その上からふとん袋をバサッとかぶせてひっくり返せばきれいに収まります。毛布は大きめのダンボールに入れるのも1つの手段です。また、ふとんの間に鏡や食器などのワレモノを入れれば安全だと思う人がいますが、これはご法度です。引越し業者は全ての荷物を壊さ...

続きを読む