引越し後に発覚する恐れがある問題

引越し後に発覚する恐れがある問題

引越しスタッフのイラスト

引越し先のアパートやマンションの事を入念に調べたはずなのに、実際に引越したら予想外の問題が待っていた・・・。

どんなに先見性のある人でも、引越し後は予想していなかった部分が見えてくるものです。そこでこのページでは、部屋の間取り等の定番のチェックポイント以外で、確認しておきたい項目をピックアップしてみました。

 マンションの部屋が、ゴミ置き場に近い。

例えば、窓を開けてすぐ近くの場所にゴミ置き場があったとします。地域住民の方々が綺麗に捨ててくれれば良いのですが、ゴミの捨て方のマナーが悪い人がいると、生ゴミ等が散らかって異臭を放つときがあります。夏場はひどい臭いが発生しやすいので、大変です。

 コンビニやスーパーが遠い。

近くにスーパーやコンビニが無いと、毎日の買い物が大変です。引越してから買い物の大変さを実感し、「もっとスーパーやコンビニが近い所が良かった・・・」と後悔してしまうことがあります。

 部屋の壁が薄く、騒音の影響を受けやすい。

「新築だから騒音対策もしっかりしている!」と思って引越してみたら、想像以上に壁が薄く、毎日騒音に苦しめられている・・・。

大手の企業でも、経費削減のためか壁の薄いマンション・賃貸物件を提供している所があります。賃貸物件を提供している企業の物件は、口コミサイトなどで評判をチェックしておきましょう。もともと騒音が嫌いな場合は、鉄筋コンクリートのマンションがおすすめです。

 近隣の治安が悪い。

日本は安全な国ですが、地域によっては治安が悪いところもあります。泥棒が入りやすいマンションだったり、事件が比較的多い地域である可能性もあります。これも各地域の情報をネット等で収集して、事前に調査をしておく必要があるでしょう。


 

引越し見積もりの注意事項 TOPページに戻る

スポンサードリンク