賃貸物件の間取り図

賃貸物件の間取り図について

引越し先の住居が「賃貸物件」の場合、行わなければならないのがお部屋探しです。

そして部屋を探す時には、事前にお部屋の間取り図を見ることになると思います。そこでこのページでは、間取り図の各項目の見方についてまとめております。

間取り もし1Kと書かれていれば1部屋に独立したキッチンがついたものです。キッチンがあっても、独立していなければ1Rとなります。独立したキッチンがあり、食卓を置くスペースがあれば、1DKになります。
浴室・トイレ UBと書かれている場合はユニットバスになります。これはほとんどが、トイレとお風呂が一緒になっているものです。洗面所や洗濯機置き場があるかどうかもチェックしておきましょう。
工法 RCは鉄筋コンクリートを表しています。SRCは鉄骨鉄筋コンクリートで、2階以下の賃貸アパートは木造の場合が多いです。
部屋の大きさ 「和6」は6畳の和室という意味になります。洋室の6畳の大きさの場合は「洋6」になります。
収納 クローゼットは備え付けの洋服ダンスです。押入と書かれている場合は、真ん中に仕切りのついた収納スペースでふすまで開け閉めするものです。
面積 1坪3.3平方メートルとして計算されています。ただし、壁の中心から測る場合がほとんどで、内寸ではないことを頭に入れておきましょう。
方角 方角は日当たりにも関係するので大切です。ただし、生活スタイルによっては、南向きに拘る必要は無いと思います。また、窓の有無は風通しに大きな影響を与えるので、確認しておいた方が良いでしょう。
最寄駅までの距離 「最寄駅まで○分」などと表示されています。最寄駅まで遠い場合は「バスで何分かかるか」が表示されている場合が多いです。



 

引越し見積もりの注意事項 TOPページに戻る

スポンサードリンク