家具や衣類の梱包

家具や衣類の梱包

家族がかりでの引越しでは、机やタンス、布団、衣類などの荷物もたくさん出てくると思います。上手に引越しするためには、これらの家具や衣類も上手に梱包しなければなりません。このページでは、それぞれの家具や衣類について、梱包時のコツについてまとめてみました。

机、タンス

引き出しの中身を整理します。机やタンスの中身をそのままにしておく人がいますが、重さを少しでも少なくするためには、中身は全て出しましょう。第一に中身を入れたままにしておけば、移動中の振動でガタガタになってしまうことは目に見えています。どっちにしても整理は必要になるので、引越し前に中身を出して整理しておくほうが無難です。

引き出しの中のものは、引き出し毎に荷造りしておくと、後で戻るときに便利です。空になった引き出しは、移動中に飛び出さないように、ヒモで縛って固定します。ガムテープで留める人がいますが、これは剥がすときに家具の塗装がハゲタリ、接着剤がいつまでも取れないなど、トラブルを招きやすいです。

鍵付きの引き出しは、カギが壊れて開かなくなってしまうことがあるので、かけない方が良いです。

組み立て式家具

分解できる家具は、分解しておく方が輸送には便利です。取り外したネジやパッキンは、各家具ごとにビニールの袋に入れ、どの家具のものかメモをしておきましょう。

布団

2つか3つに折り畳んで積み上げ、布団袋を上からかぶせるのが一番です。現在の輸送方法では、折り畳んだ布団の上に何が置かれるかわかりません。鏡やビン類など、ワレモノなどを中に入れるのは厳禁です。

衣類

正しくたたんで箱に入れるのが基本です。和服は、底の浅い衣装箱に入れ、重みがかからないようにします。洋服は、裏返しにして袖を中に入れます。襟を立て、縦に二つ折りにして長い段ボールに入れます。これを洋服だたみと言います。

服の長さにあった箱は、なかなか見つからないものです。業者には服専用の箱があり、中にはハンガーにかけたままで収納できる便利なものがあります。レンタルや買取で利用できるので、問い合わせてみましょう。



 

引越し見積もりの注意事項 TOPページに戻る

スポンサードリンク