銀行等の住所変更手続き(引越し時)

引越し時に行う銀行等の住所変更手続き

銀行や郵便局などの預貯金口座や、生保・損保会社の保険商品などは、引越しする時に手続きが必要になります。万が一手続きを忘れてしまうと、大事な連絡や書類が届かなかったり、もらえるはずのお金がもらえなかったりなど、思わぬトラブルに発展することもあるので注意が必要です。

銀行預金については、引越し後もそれまえ取引のあった銀行を利用するかどうかで手続きが変わってきます。

引越し先に取引銀行の支店がある場合は、前の支店に口座を置いたまま住所だけ変更するケースと、口座ごと引越し先の支店移し変えてしまうケースがあります。住所変更、口座移転は共に引越しの前後にどちらかの支店で手続きを行います。その際、通帳、届出印などが必要になります。

なお住所変更、口座移転の手続きは、所定のハガキを利用で出来る場合もあります。

引越し先に取引銀行の支店がない場合は、前の銀行支店の口座を解約した上で別の銀行支店に新たに口座を開くケースと、前の銀行支店に口座を置いたまま住所だけ変更し、その上で別の銀行支店に新たに口座を開くケースがあります。

前者の場合は解約と新規契約、後者の場合は住所変更と新規契約の手続きが必要になります。契約、住所変更などでは通帳と届出印などが、また新規契約では届出印となる印鑑が必要になります。

郵便貯金

郵便貯金は全国どこの郵便局でも住所変更の手続きができます。その際、通帳、届出印、身分を証明できるものが必要になります。

公共料金などの自動引き落とし

引越し後も同じ銀行を利用し、口座が変わらない場合は、振替の契約をしている電力会社やガス会社などに住所変更の連絡をします。取引銀行を変える場合は、前の銀行支店で解約届を出し、引越し先の別の銀行口座で改めて口座振替の依頼手続きを行います。

銀行のローン、クレジット口座

引き落とし口座が変わらない場合は住所変更を、口座が変わる場合はあわせて口座変更の手続きも行います。ローン、クレジットの住所変更、口座変更の手続きをすると、銀行からローン会社、クレジット会社に連絡がいきます。

ローン、クレジット会社

契約しているローン会社、クレジット会社へ、新旧住所、氏名、会員番号などを連絡します。引き落としの口座番号が変わる場合はその旨を連絡し、書類を送ってもらい、銀行口座の変更手続きを行います。



 

引越し見積もりの注意事項 TOPページに戻る

スポンサードリンク