フリーレント物件のメリットと注意点

フリーレント物件のメリットと注意点

賃貸物件を借りる時、当月と翌月分の家賃を契約時に支払うのが一般的です。これにプラスして、敷金や礼金、仲介手数料などが発生する物件も多いです。

しかし、賃貸物件の中には数ヶ月間限定で家賃が無料になる「フリーレント」の賃貸物件も存在します。

家賃が免除になる期間は物件によって様々ですが、短くても半月以上、長い場合は3ヶ月ぐらい家賃が無料になるケースもあるようです。

これは借主側にとってはとても大きなメリットだと思います。引越しして新生活を始める時は、何かとお金がかかるものです。家具家電を買い揃えたり、新居に必要な生活雑貨を揃えたりしていると、10万円以上はかるくかかってしまいます。

このような時に数ヶ月間家賃が無料になれば、本当に助かりますよね。

では、とうして大家さん側は賃貸物件をフリーレントにするのでしょうか。その理由は、以下の点が考えられます

1.空室の状態を回避したい。

2.他の賃貸物件よりも魅力的にしたい。

3.家賃を下げると他の部屋から苦情がくる。なのでフリーレントという特約を設けている。

つまり、より円滑に、問題なく入居者を呼び込むために、フリーレントという大きなメリットを付けているのですね。

ただし、フリーレントの賃貸物件を借りる時は、注意点もあります。

それはズバリ、「最低住居期間が決められている」です。

これが無い場合、フリーレント期間が切れるのと同時に退去される可能性が高いです。

このため予め「最低住居期間は1年以上」などのルールが設定されており、これを破って退去してしまうと、多額の違約金を請求される危険性も考えられます。

フリーレント物件を見つけた時は、最低住居期間と違約金がどのくらいなのかも注意して確認しておきましょう。


 

引越し見積もりの注意事項 TOPページに戻る

スポンサードリンク