知っておきたい物件用語

知っておきたい物件用語

引越し先を探す時、不動産屋の担当者との会話では、様々な専門用語が飛び出すことがあります。それらの用語の意味を知らないままでいると、後で痛い目を見ることも。そこでこのページでは、物件探しや契約の時に抑えておきたい物権擁護についてまとめております。

敷金 貸主が担保として預かる費用です。通常の使用に伴って生じた費用を除く原状回復費用や、賃料の未払い時の補填金などに充てられます。退去時には実費を差し引いて精算されることになり、何もなければ退去時に返金されます。
礼金 契約が締結された際に、貸主に謝礼金として支払うものです。契約満期時、または退去時などに返金されません。
保証金 家賃の滞納時や室内を汚した時の補修費として使われます。そして退去時に差し引き金額が返金されます。保証金は主に関西地方で用いているところ多く、全国的には「敷金」とされている場合が多いです。
入居審査 賃貸借契約の前段階として、申込書や提出書類が不動産会社から貸主に渡ります。そして、安定した支払い能力があるかどうか、風紀を乱す恐れがないかとうかなどがチェックされます。
償却金 入居の際に、貸主に支払われた保証金や敷金から、退去時に一定割合を差し引くことが、事前に設定されていた金額です。敷引き、解約引きなどと同意語として使われています。
管理費・共益費 廊下や階段、エントランス、駐車場、ゴミ収集場所などの管理に充てられる費用です。
損害保険 物件によっては、損害保険や共済などへの加入が義務付けられているケースがあります。火災や水漏れなどの保険にも対応しているケースがあるので、契約時に確認しておきましょう。
日割家賃 物件には即日で入居可能なものがあります。月の途中から入居する場合や家賃が日割り計算で請求されることになります。
申込金 申込順位を確保するための預かり金です。万が一申込を取り消す際には返金されますが、「預かり証」をきちんと発行してもらうようにしましょう。
仲介手数料 不動産会社を通して部屋探しを行った場合、契約成立の報酬として不動産会社に支払われる費用です。
定期借家契約 契約期間が定められており、更新がない契約です。契約期間満了となったら退去しなければなりませんが、貸主と借主との話し合いによって再契約されることもあります。
更新料 1〜2年の契約更新ごとに発生する費用です。不動産会社によっては更新手数料も必要になります。ただし、支払う必要がない物件もあるようです。



 

引越し見積もりの注意事項 TOPページに戻る

スポンサードリンク