物件の明け渡し

物件の明け渡し

引越し時、旧居での最後の作業は、物件の明け渡しと鍵の返却になります。一般的には、引越し当日に大家さんが立会います。

もし大家さんの居宅や管理を委託されている業者が近くにある場合は、部屋を片付けた後に呼び出します。

大家さんや業者の立会いの元に部屋の状態を確認してもらい、借主が負担しなくてはならない修繕箇所の提示と見積もりを出してもらいます。あとは部屋の鍵をその場で返却すれば完了です。

大家さんや管理委託業者が立ち会わない場合、気をつけなくてはならないのが、後から不当な修繕費用を請求されることです。この類のトラブルは頻繁に発生するので、なるべくなら立ち会ってもらった方が良いですが、どうしても無理であれば退去時の部屋の写真やビデオを隅々まで撮影して証拠を残しておくと安心ですね。

明け渡しの期限に余裕がある場合は、引越し翌日以降の約束日に明け渡しと鍵の返却を行うことも可能です。近距離の引越しの場合、新居へ荷物を移動するのに支障がない上、旧居の掃除もあとから念入りに行うことができます。

ただし、中長距離の引越しの場合、後日に改めて鍵を返すのは面倒な場合もあるので、明け渡し期限に余裕があっても引越し当日に明け渡しと鍵の返却を行う方が二度手間になりません。

その際に注意することは、不動産仲介業者などに立ち寄る時間も新居への移動時間に含める必要があります。

借主負担で修繕すべき範囲については、十分に注意しなくてはなりません。畳やふすまの日焼けなど、通常の使い方で自然に損耗した場合は負担する必要はありません。

借主が負担する場合とは、たばこの焼け焦げたカーペットなど、借主の不注意で傷を付けたり壊したりしたものに限られます。家主の言いなりになって敷金は戻ってこない思い込んでいる方も多いですが、自然損耗に関しては、勇気を持って主張することも大切です。



 

引越し見積もりの注意事項 TOPページに戻る

スポンサードリンク