引越し日の一日の流れ

引越し当日の「旧居」での流れ

要チェック! 引越し料金はおいくら?一番安くする方法がココにあります。

まず、引越し業者が来るまでに、自分達でできる荷造りは完璧に終わらせることが大切です。前日までに住んでいるとは思いますが、やり忘れたことがないか確認しておきましょう。貴重品や自分達の車で持っていくものは、引越しの荷物とはちょっと話してまとめておきましょう。通帳や印鑑、お財布などの貴重品は、肩掛けの小さいバックに入れておき、肌身離さず持っておくのがおすすめです。

また、引越し作業がスタートするとゆっくりご飯を食べている時間が取れないかもしれません。このため、朝ごはんはしっかりと食べるようにしましょう。

引越し業者の方々が来たら、まずは持っていく荷物についてリーダーさんに説明します。この時、引越し先で直ぐに使う荷物も伝えておくようにしましょう。

そして、あると役立つのが新居での家具の配置を書いた見取り図です。これがあると、業者さんも荷物の搬出や搬入の段取りがつきやすくなります。簡単なもので大丈夫なので、可能であれば作成しておきましょう。

荷物の搬出作業(トラックへの積み込み)がスタートしたら、もし手が空いており、体力の自信がある方でしたらお手伝いしても良いと思います。ただし、最近の引越し業者さんはとても動きがテキパキとしていて、ゆっくり作業していると逆に邪魔になってしまうこともあります。もし、そのような雰囲気があったら、搬出作業は全て業者さんに任せてしまったほうが良いかもしれません。その場合は、指示出しに徹しましょう。

搬出作業が終了したら、引越し先での待ち合わせ時間を確認します。この時に差し入れとして、何か飲み物などをあげると良いですね。

後は忘れ物が無いか隅々まで確認し、新居へと向かいます。

なお、当日にガス等の立会いがある場合は、搬出作業をしている時に来てもらうように、予め時間調整をしておきましょう。

引越し先での作業の流れ

転居先には、できれば引越し業者さんよりも少し早めに到着し、家具家電を置く場所を軽くお掃除したりして、搬入作業に備えておきましょう。

業者さんが到着したら、まずは家具家電などをセットする場所を打ち合わせします。この時に予め作っておいた見取り図があると、大変助かります。

搬入の流れとしては、まずは大物の家具家電がセットされます。その後でダンボール類の小物が搬入されます。家具家電は後から動かすのが大変なので、設置するときには立会い、後で動かすことの無いようにセットしてもらいましょう。動かしたいときは、遠慮せずにその時に伝えましょう。

ダンボールの搬入がスタートしたら、ダンボールごとにおく場所を指示します。この時、ダンボールの側面に大きく置く場所を書いておいたり、番号ごとにおく部屋を決めておいたりすると、スムーズにダンボールを運ぶことができます。ダンボールも後から運ぶのは大変なので、荷解きする部屋まで運んでもらうようにしましょう。

一通り搬入作業が終わったら、家具家電や新居の壁・フローリング等に傷が付いていないか確認します。同時に、紛失した荷物がないかどうかも解かる範囲で確認します。もし何か気になる部分があれば遠慮せずに伝えておきましょう。

そして最後に引越し料金を精算して、搬入作業が終了になります。

荷解きについては、時計と相談しながら自分のペースで行うようにしましょう。テレビを付けたり、音楽を聴いたりしながら作業を行えば、楽しく進めることができます。

また、ご近所さんへの挨拶は、夕方の時間帯までだったら行ってもOKです。もし夜になってからの場合は、翌日明るいうちに挨拶にいくようにしましょう。


 

引越し見積もりの注意事項 TOPページに戻る

スポンサードリンク